脇の黒ずみ アットノン

MENU

脇の黒ずみにアットノンは効果あるの?

脇の毛を自分で抜いたり剃ったりを繰り返していると、脇の下が黒ずんできます。
これは皮膚に度々刺激を加えることで、メラニン色素が増えて色素沈着が起こってきたためです。

 

皮膚は刺激に弱いため、外部刺激から組織を守るためにメラニン色素を作り出すのです。
アットノンの有効成分であるヘパリン類似物質には保湿、血行促進、抗炎症作用があるため、皮膚の奥で起こっている炎症を鎮めます。

 

また皮下組織の血流を良くするので細胞の生まれ変わりを助け、新しい皮膚を作り出すのです。
皮膚が生まれ変わるので黒ずみを薄くしてきれいな肌作りをサポートすることができます。

 

脇の黒ずみの他にも、出来てしまってから1年以上たった傷跡や虫刺されの跡、アカギレやしもやけなどにも使用でき、また固くなった肘や膝の皮膚を柔らかくして、滑らかな皮膚にします。

 

皮膚は28日間かけて徐々に作られ排出されているので、アットノンを使う場合にもある程度の期間の使用が必要です。

 

アットノンは脇の黒ずみケアのクリームとしても知られています。薬用クリームですので、黒ずみの種類と肌質などとの相性が良ければ健やかな肌を目指すのに役立ってくれるクリームの一つとなっています。

 

 


関連ページ

皮膚科で治療できるの?
脇の黒ずみは皮膚科で治療できるの?という疑問について解説します。
エステで消すことはできるの?
脇の黒ずみはエステで消すことはできるの?という疑問について解説します。
ニベアはおすすめ?
脇の黒ずみにニベアはおすすめなのか?という疑問について解説します。
馬油はおすすめ?
脇の黒ずみに馬油はおすすめ?という疑問について解説します。
脱毛で改善されるの?
脇の黒ずみは脱毛で改善されるの?という疑問について解説します。
ファンデーションで隠すのがいいの?
脇の黒ずみはファンデーションで隠すのがいいの?という疑問について解説します。
治療は病院がいい?それとも自分で?
脇の黒ずみの治療は病院がいい?それとも自分で?それぞれのメリットとデメリットを解説します。
バイオイル
脇の黒ずみにバイオイルはおすすめ?という疑問について解説します。
原因は摩擦?
脇の黒ずみの原因は摩擦?という疑問について解説します。