脇の黒ずみの原因とは?

脇の黒ずみを解消したキレイなワキの下

 

脇の黒ずみについて悩んでいる女性はたくさんいます。脇の黒ずみの原因は、大きく別けていくつかに分類されます。

カミソリなどの除毛による自己処理の刺激
処理しきれなかった脇毛や埋没毛
脇をしっかり洗えていないことによる毛穴の詰まり・汚れ
ワキにダメージを与える洗い方をしている
衣類の摩擦による色素沈着
乾燥
紫外線
制汗剤や消臭剤の過剰使用

 

などが原因と考えられます。自分のワキはなんで黒ずんでしまうの?と悩んいでる方は、意外にも間違ったワキのケアを日常的に行ってしまっている人が多いです。

 

以前、ワキの黒ずみに悩んでいた私は、適切なワキのスキンケアを行ったことでキレイなワキを手に入れることができました。
間違ったケア方法を改善してワキの悩みを解消していくための知識と方法をお伝えしていきます!

 

ワキの黒ずみの原因とそれぞれの対策法

ワキの黒ずみの原因として考えられる項目を前述しましたが、それぞれ一つずつ原因と対策法について触れていきます。

原因:カミソリなどの除毛による自己処理の刺激

脇の黒ずみは、カミソリによる毛の処理やムダ毛の自己処理による刺激があります。
脇の処理には、コストもかからず入浴時などに手軽にできるからとカミソリを使う人が多いようですが、カミソリは目には見えなくても皮膚を傷つけてしまうこともあり、こういった処理を頻繁に繰り返してしまうと、黒ずみなどの色素沈着や乾燥を進行させてしまうことにもつながるので、お勧めできません。

 

肌は刺激を受けると肌自身を守るためにメラニン色素を過剰生産します。外部刺激によってメラニン色素が沈着し黒ずみとなってしまうことが原因のひとつとされています。
刺激によって肌は角質を厚くして肌を守ろうとします。そのため、皮膚への過剰な刺激で角質が厚くなり、メラニン色素が沈着して黒くなってしまうとも言われています。

色素沈着とは?
皮膚は刺激を与えられると、ダメージをおさえるためにメラニン色素を生成します。これが色素沈着を起こしてしまうのです。
つまり、肌へのダメージが原因の場合は、ダメージを与えないようにすることで肌の黒ずみを減らせると考えられます。

刺激の強い除毛剤はリスクを高める

ムダ毛処理の際、除毛クリームなどを使っての除毛を行う方もいると思いますが、刺激の強いクリームの場合は肌に過剰なダメージを与えて脇の黒ずみを発生させてしまう可能性があります。
低刺激の除毛クリームであればリスクが軽減できると思いますが、やはりなるべくは除毛サロンなどで永久脱毛をしてしまう方が、脇の黒ずみを慢性的に発生させない対策法となります。

 

メラニン色素とは?

対策法1:ワキのムダ毛処理はカミソリなどを使わない

自己処理による脱毛は日常的なケアになるので、出来るだけお肌にダメージを与えないものを選択するか、なるべくワキ毛の処理はエステサロンなどの除毛施術を受けることがおすすめです。
サロンに行けば確実に綺麗にすることができますが高額な費用がかかる場合があります。
やむなく自己処理で除毛した場合は、処理後に化粧水や乳液などでケアをするほか、ダメージを負った肌の環境を整えるアフターケアも重要です。

 

家庭用脱毛器は大丈夫?

できるだけ費用を抑えたい場合は家庭用脱毛器などがありますが、永久脱毛とはいかないものも多いのげ現状です。
自宅で自分でできるムダ毛ケアの中では家庭用脱毛器を使った最近の機種はとても性能が良くなっているので、以前のものよりも脱毛効果が高いですが、それでも数年間使い続けなければいけないので脇へのダメージはしばらく続きます。
今一番人気となっている脱毛器はエステサロンでも主流となっている光ケアができるもので、ムダ毛を徐々に目立たなくさせていくと同時に肌のきめを整え毛穴を小さく目立ちにくくし、くすみやざらつきなども解消するものもあります。
しかし、長い目で見れば、やはり脱毛サロンでワキ毛の永久脱毛する方がムダ毛ケアによる脇の黒ずみを予防することに繋がります。

 

原因:処理しきれなかった脇毛や埋没毛

脇の黒ずみの原因のひとつとして、比較的多くの人に見られがちなのが脇毛の「埋没毛」です。
しっかり除毛したつもりでも剃り残しがあり、その剃り残しが脇の黒ずみに見えてしまうパターンです。
肌自体は黒ずんでないにも関わらず、ワキ毛の根本が残っていることで脇の黒ずみに見えてしまうため、この場合もやはり永久脱毛をするのがおすすめです。
毛抜などのピンセットで抜くのは、肌に大きなダメージを与えるのであまりおすすめできません。

 

対策法:埋没毛対策は脱毛サロンが一番効果的

埋没毛が原因の黒ずみの場合は、無理にカミソリなどで繰り返し除毛すると肌を傷つけてしまう可能性もあるので、サロンに通う時間やコストなどがかかりますが脱毛サロンで永久脱毛するのが結果的に一番良いです。
肌自体は黒ずんでいないのに、無理に自己処理をすることで埋没毛が原因の黒ずみではなく、色素沈着による黒ずみが生まれてしまう場合もあります。
そんな状態にならないためにも脱毛サロンでの処理を検討しましょう!

 

原因:脇をしっかり洗えていないことによる毛穴の詰まり・汚れ

単純に脇の下をキレイに洗えていないことで毛穴に汚れが蓄積されていることで、脇が黒ずんで見えている人もいます。小鼻の黒ずみと同じような形です。
汚れが原因の黒ずみだからといって、力を入れてゴシゴシ洗ってしまうと肌にダメージを与え、色素沈着の原因となっています。

対策法:顔を洗うようにきめ細かい泡で優しく洗う

脇はとても皮膚の薄い部位でもあるので、顔を洗うのと同じようにきめ細かい泡で優しく洗うのが良いです。
泡をきめ細かく泡立てて泡を脇の下で転がすように洗えば、脇の皮膚の汚れもしっかり落ちてくれます。
体の毛穴の汚れを落とす際におすすめなのが重曹です。重曹石鹸なども販売されているので試してみるのも良いと思います。
>> 脇の黒ずみに重曹が効くって本当?【実際に試してみた】

 

原因:ワキにダメージを与える洗い方をしている

前項とは逆に、しっかり洗えてはいるものの肌に多大なダメージを与えてしまい、肌が黒ずんでしまうという人もいます。
その黒ずみを汚れだと思い込んで更にゴシゴシ洗う…という負のスパイラルに落ちてしまう人も多いです。
黒ずみをキレイにしようとお風呂で身体を洗う時にボディタオルでゴシゴシ洗っている人は逆に黒ずみを悪化させてしまう恐れがあります。
黒ずみは、お肌同士の摩擦で起こる場合も多いので擦ってしまっては逆効果。
前項の対策法と同じようにしっかり泡立てて優しく洗うのがおすすめです。

 

体を洗う時にごしごしとスポンジなどで洗うのではなく、ボディソープをしっかり泡立て、その泡でマッサージをするように優しく洗うことも大事です。
使うボディソープも無添加など肌への負担に配慮したタイプがおすすめです。

 

原因:衣類の摩擦による色素沈着

脇は腕を動かすたびに衣服と擦れます。男性の場合、ワキ毛を除毛している日本人は少ないため、男性には脇の黒ずみに悩む人も少ないですが、ワキ毛を処理する女性の場合、摩擦から守るための毛を処理してしまっているので刺激をダイレクトに受けてしまいます。
特に肌との摩擦が強くなる素材の服を着ている人には、摩擦による色素沈着が起こりやすい傾向があります。

 

対策法:肌との摩擦を避けるための服を選ぶ

綿やシルクなど素材を選び、脇の下に密着するサイズの服を選ばないのも効果的な対策法です。
シャツなどを着る人の場合はピッタリとしたサイズのものを選びがちですが、腕周りや脇周辺に余裕を持てるシャツを選ぶのもおすすめです。
また、ニットなどを着ることが多い場合は、脇に密着しすぎないものを選ぶのも重要です。

 

原因:乾燥

肘や膝は乾燥しやすいパーツですが、乾燥するとくすみや黒ずみが進みやすいと言われています。
脇が乾燥する人も多く、特にムダ毛処理を行った後は脇の乾燥を感じる人も多いと思います。

対策法:保湿クリーム

乾燥を防ぐためには除毛後に保湿クリームなどで保湿したり、普段から脇や肘の乾燥を感じる場合は、保湿クリームで毎日ケアすることも大切です。
注意点としては、毛抜などで脇毛を自己処理した後は、毛穴にダメージを受けている状態なので肌に合わないクリームなどを塗ると、赤くプツプツと毛穴が炎症する場合もあります。
なるべく肌に負担が少ないクリームを使うことも重要です。

 

スキンケアでは肌の水分量を保ち、保湿成分、そして美白成分などを含んだ化粧水やクリームで外部からのダメージを軽減しながら、肌本来のターンオーバーサイクルに促す環境作りがポイントとなります。
脇の黒ずみ対策は毎日しっかりとケアを続けていくことで肌の環境が整う準備ができるので、日々の予防意識が大切です。

 

原因:紫外線

紫外線を顔に浴びるとシミやくすみができるのと同様に、脇の下にもシミや黒ずみができる場合があります。
脇に頻繁に紫外線を受ける人は多くないと思いますが、ノースリーブで過ごす時間が多い方などで脇の黒ずみに悩んでいる方は、これが原因であることも疑った方がいいかもしれません。
本来であれば皮膚は生まれ変わっていくので、黒ずみなどは自然と消えていくものですが、ターンオーバーが乱れて肌の再生がうまくいかなかったり、日常的に肌にダメージを受けていることで肌が生まれ変わってもまた黒ずむというサイクルになっている場合もあります。

対策法:紫外線が強い日は半袖・長袖で出かける

紫外線が強い日はなるべくノースリーブで出かけないなどの対策が良いでしょう。
紫外線を受けて脇が黒ずんでしまった場合は、肌のピーリングを促すのがおすすめ。

 

日常でできる具体的なピーリング法は、ボディ用のピーリング美容液を使うのがおすすめ。
ピーリング商品にも様々ありますが、できればトロッとしたテクスチャーなら比較的不器用な方でも力加減を気にすることなくお肌に優しく使うことができます。

 

ピーリングとは?
脇の黒ずみが気になるという時のスキンケアの一つにピーリングというものがあります。
ピーリングは黒ずみの原因となる古い角質を落としやすくするケアの一つで、本来剥がれ落ちて新たな肌へと生まれ変わるサイクルを保つための角質ケアの方法として知られています。
黒ずんだ部分を隠すような一時的なものではなく、メラニン色素によって老化してしまった角質を除去して、新しく綺麗な皮膚を再生させるための肌環境作りを行うというのが目的となっています。

 

このピーリングは、皮膚科や美容外科などで受けることができます。近年ではピーリング成分を含んだボディケアアイテムも登場しており、今までよりも手軽にピーリングが行えるようになってきています。
また自宅で簡単にできる脇の毛穴ケアのやり方としては、保湿と毛穴の洗浄を行なうと良いでしょう。お風呂で優しく軽くマッサージしながら洗うようにしましょう。

 

原因:制汗剤や消臭剤の過剰使用

制汗剤が原因になる可能性も考えられているため多用しないことが重要です。
汗を拭き取るシートなどにはアルコールが含まれているものが多く、肌に合わない人は肌荒れを起こし、かぶれてしまう人もいます。
制汗剤によって脇の皮膚が傷つけられることが原因で脇の黒ずみが起きることもあるので、制汗剤以外にも化粧品なども多用しない方が安心です。

対策法:肌にダメージを与えないものを使用する

汗を拭くシートや制汗剤などを使用すると、肌の再生力が低下してしまうのではないか?と疑われていることや、刺激が強いことで肌に強い刺激を与えてしまうことが考えられるので、なるべく刺激性が強くない制汗剤などを選ぶのが良いです。汗を拭くシートにもノンアルコールのものもあるので、購入する際にはしっかりチェックして買うのがおすすめ。

 

黒ずみ(色素沈着)とは?

 

脇に黒ずみができてしまった場合の対策法は?セルフケアする方法は?

自分の場合の黒ずみ原因が特定されたら、原因となることを継続するのはやめるのは勿論、今現在の黒ずみを消すための方法を進めていきましょう!

 

具体的な方法としては

  • クリームやローションなどの市販のケアアイテムを使って対策
  • おすすめアイテム
  • 肌の黒ずみ対策サプリを活用する
  • ムダ毛処理法を変えて、肌にダメージを与えないようにする

という方法が挙げられます。

 

自宅で対策でき、しかもコストもかかりすぎない方法として私が最もおすすめしたいのは、黒ずみ対策クリームを使いこなすことです。

 

そもそもクリームでなぜ黒ずみが消えていくの?と疑問を持ちながらも真面目に使っていたところ、私の場合は3ヶ月程度でかなりキレイになりました!
ひとつだけでは少し不安だったので、私の場合は複数のクリームを使いました。もしかしたらそれも良い効果を生んでいたのかもしれませんが定かではありません…。
私が使用した黒ずみ対策クリームはこちらでまとめています。
>> 脇の黒ずみ対策クリームおすすめランキング【コレが一番良かった!】

 

皮膚科や美容クリニックでレーザー施術でも解消可能

ワキの黒ずみは、顔のシミを消す要領と同じ形でレーザーでの解消も可能です。
やはり価格はやや高額になりますが、短期間で黒ずみを消すことができるのが魅力です。

 

レーザーでの黒ずみケアができるクリニックは下記となります。

  • 美容皮膚科 銀座よしえクリニック

 

 

ワキ以外にも黒ずみやすい部位はどこ?

ワキ以外にも黒ずみが発生しやすい部位はいくつかあります。
自分の体は毎日見ているので以外にも黒ずんでいる箇所を見落としがちです。
ケアすべき箇所がないか自分の体を再度チェックしてみましょう!

  • 腕の外側
  • ひじ
  • ひざ
  • ビキニライン・デリケートゾーン
  • 背中

脇の黒ずみもデリケートゾーンの黒ずみも同じ原因で発生

脇の黒ずみと同様に、黒ずみが起こりやすい個所に「デリケートゾーン」が挙げられます。
カラダの箇所によってケア方法に多少の差がありますが、脇の黒ずみと同様にカミソリなどを使った除毛や、刺激の強い除毛クリームなどを使うことで黒ずみが起きる不安が高まります。
デリケートゾーンの中でも一番注意したいのが「そけい部」です。下着と擦れて自然と肌に黒ずみが起きやすい場所なので、下着選びも実はかなり重要です。

 

締め付けがキツイ下着はそけい部に擦れることも多いので、見た目やデザインを考慮しながらも自分の体に合うものを選び、肌と摩擦が起きる下着は使わないことを心がける必要があります。

 

もしデリケートゾーンに黒ずみができてしまった場合は、デリケートゾーン専用の黒ずみケアクリーム「イビサクリーム」などを利用するのがおすすめです。

 

女性の脇の黒ずみに男性はどう思ってる?

男性陣20人に「女性のワキが黒ずんでいるとどう思う?見たことはある?」というアンケートをしたところ、衝撃的な回答が得られました…。

ノースリーブ姿で爽やかな印象なのに、ちらっと見えてしまうワキが汚いとなぜかものすごくがっかりする。勝手な意見で申し訳ないけど…。

昔付き合っていた人と暮らし始めた頃、ワキの黒ずみが酷かったことを知った時かなり萎えました。100年の恋も冷めるとはこういう感じか、と思ったことを思い出します。

清潔感がない感じがして苦手。友人としては別に構わないけど、少し残念。

などなど、やはり男性の視点から見ても印象は悪い様子。
確かに不潔な印象を与えてしまう可能性があるのでワキの黒ずみはなんとしても解消したいところです。

 

 

 

脇の黒ずみに悩む中学生・高校生に知っておいてほしいこと

脇が黒ずんでいて、体育で半袖の体操服を着たりプールで水着を着るときに人に見られないか気になってしまう、そんなワキの黒ずみに悩める中学生の方でも取り入れやすいスキンケアをチェックしましょう。
中学生くらいになるとワキ毛も生え始める頃で、処理の仕方もまだ不慣れな頃でもあります。
除毛が不慣れなためカミソリでのシェービングの際の角な刺激を与えてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

カミソリで脇の皮膚が細かく傷ついてしまうと、皮膚が防衛機能としてメラニン色素という肌が黒ずむ原因になる物質を過剰に生成してしまいます。
メラニン色素は紫外線を浴びて日焼けした時にできる物質ですが、肌への摩擦や刺激によっても生成されます。

 

そのため、シェービングの際に皮膚に負担をかけないようにシェービングクリームを使う、あるいはカミソリでのシェービング以外の方法でムダ毛を処理することが望ましいです。
例えば、刺激性が少ない除毛クリームでムダ毛処理したり、親に相談して脱毛サロンに通うなども方法の一つです。

 

ワキの黒ずみの原因と対策法まとめ

埋没毛が原因の場合は脱毛サロンでワキ脱毛をすると解消できる場合もある。
クリームなどで黒ずみケアをしても、物理的な外部刺激が続くとまた黒ずみが発生してしまうので摩擦や外部刺激を避けるようにする
体を洗う際はボディーソープなどをしっかり泡立ててきめ細かい泡で優しく洗い、皮脂・汚れを流す。
カミソリなどを使った自己処理はなるべく避け、刺激が少ない除毛法を選ぶか脱毛サロンで永久脱毛する。
摩擦を生まない衣服を選ぶ
紫外線が強い日はワキに紫外線を浴びない服装を選ぶ
今行っているムダ毛自己処理方法を見直す
市販の黒ずみ対策クリームやスキンケア用品を使ってみる

 

クリニックなどのレーザー治療以外のセルフケアで脇の黒ずみをケアするには時間がかかるので、長期的な対策を日常的に行っていくのが大切です。
毎日の生活の中で少しずつ注意していくだけでも、新たな黒ずみの悩みを増やさないことに繋がります。
日々の努力が当たり前の習慣になるように少しずつ改善していきましょう!

 

ワキの黒ずみ対策に関するよくある疑問

 

 


ひとつめは皮脂や古い角質汚れの詰まり、もうひとつはメラニン色素の沈着です。

 

メラニン色素の沈着は、メラノサイトという細胞が肌への刺激に対して起こす防衛反応で、脇の毛に対してカミソリで処理をしたり、黒くなっている部分が気になって垢を落とそうと乱暴に擦ったりなどで、肌を痛めるとメラニン色素が沈着してしまうのです。

 

 

肌の環境を整えるには規則正しい生活と、食生活も大切です。

 

食生活が偏ると、顔の肌も調子が悪くなるといったことを感じる方は多いと思います。
脇も顔と同様に健康な状態を保つには外側のお手入れだけでなく、生活習慣も意識しましょう。

 

脇の黒ずみとメラニン色素の関係とは?

脇やデリケートゾーン、乳首や膝、顔の皮膚の黒ずみは、女性にとって永遠の悩みです。
特に脇が黒ずんでいると、ノースリーブなどを着た場合、人目につきやすい箇所なので、とてもみっともなく見えてしまいます。

 

黒ずんでしまう原因はカミソリなどでム度毛処理をしすぎて、摩擦や刺激が加わったために角質が分厚くなったものや、急激な強い日差しによる日焼け、熱傷や外傷による外部から傷が完治した後黒ずんでしまう場合もあります。
皮膚を強くかいて、こすりすぎて皮膚のバリアが破壊してしまい炎症したり、肌に合わない化粧品などの使用によって炎症をおこし、黒ずむケースもあります。
原因は1つだけではなく、2つ以上の原因が重なることもあります。

 

メラニン色素による働きによるものもありますが、メラニン色素は遺伝子や人種、年齢などによっても違います。

 

脇の色素沈着対策の方法

 

脇というのは、気がつけば黒ずみなどの色素沈着を起こす可能性が高い場所です。そんな黒ずみ対策をしたいと考えた場合、まずは出来た原因を考える事が大切になってきます。

 

黒ずみの原因の一つが、シェーバーや毛抜きによる自己処理は、毛穴や肌に負担をかける事が多く、その負荷で黒ずみが起きる事があります。
この場合、自己処理を続けている限り、肌へのダメージは続くので、脱毛をして、自己処理が必要のない状態にした上で、お肌を健やかに保つというのが短い期間で何度も脇の処理をせずに済みます。

 

それ以外にも、脇は、衣服の擦れ等によって黒ずみが生まれる事があります。
この場合、擦れにくい服を選ぶようにすると同時に、肌の新陳代謝を心がける事が大切です。

 

 

脇の黒ずみの原因は摩擦?

 

脇の黒ずみに悩んでいる人は多くいます。
肌が刺激から守ろうとメラニン色素を沈着させてしまうからです。

 

その原因は、衣服などの摩擦による刺激の他にもたくさんあります。
まずは、脇のムダ毛処理によるカミソリやシェーバーの刺激です。

 

ムダ毛処理は定期的に行われていることがあり、肌にとっては大きな負担になっています。
毛抜きで抜く処理方法も刺激が強い上に、埋没毛や炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

 

他にも、消臭スプレーや制汗スプレーの使用により、毛穴がつまってしまい、黒ずんでしまうこともあります。

 

黒い色を隠そうと、ファンデーションを塗る人もいますが、かえって毛穴がつまってしまう原因になってしまいます。
一時しのぎにななりますが、長期的に見るといい影響はありません。

 

そして、乾燥も黒ずみの原因のひとつです。
乾燥は肌にとって刺激になるので、肌が守ろうとしてメラニン色素を生成します。
お肌が乾燥しやすい人は、脇にも保湿ケアをすることが大切です。

 

脇は汗や皮脂の分泌がさかんな部位ですが、適切なケアをすることで、黒ずみの予防ができます。
肌の刺激になるようなことを避けるだけでも健やかな肌環境を保つことに繋がります。

 

脇の黒ずみは美容の大敵となります。
脇の黒ずみがひどくなると、服装にも制限が発生してしまいます。

 

 

気になる脇の黒ずみは、いったいどうしてできるのでしょうか。

 

さらに、サロンの光脱毛も肌には強い刺激となります。

 

芸能人の脇の黒ずみケア方法

 

芸能人やモデルは写真やドラマなどで脇を露出する機会が多いため、肌のケアに加えて、脇の黒ずみのケアにも気を使っています。
そもそも脇の黒ずみができないような習慣を身につけている方が多いですが、万が一、脇の黒ずみができてしまってもそれをケアする術を持っています。

 

まずは、脇の黒ずみを作らないための予防法についてチェックしておきましょう!

 

日常から行う脇の黒ずみ対策の具体的な方法

最近では、エステサロンなどで脱毛を気軽にできるようになりましたが、脇の毛をキレイに脱毛すると、気になってくるのが黒ずみだと思います。
脇の黒ずみは、主にお肌とお肌が擦れてできてしまうものですので、そのまま放っておくと、ますます黒ずんできてしまう場合があります。
従って、黒ずみ対策をしっかりすることが大切です。

 

脇には汗腺がありますので、できるだけボディ用や脇専用のものがあれば、それを使ってあげるといいのではないでしょうか。
また、黒ずみの原因である角質は、柔らかくなっていると取れやすくなりますので、日頃からボディクリームなどで保湿をして、潤いを与えてあげることも大切です。

 

女性にとって体毛が目立つということはとても恥ずかしいことで、特に脇は早い人でも中学生くらいから処理をし始め、体毛の濃い薄いに関係なく、誰もが行う身だしなみとして必須のお手入れです。

 

 

わきの黒ずみにおすすめだと言われる対策方法

わきの黒ずみは女性にとってとても気になるものです。
夏では腕を露出する洋服をきることが多くなるため、わきを他の人に見られてしまう機会も大幅に増えます。
そのため黒ずみ対策は欠かせません。

 

わきの黒ずみは不適切な毛の処理や不衛生な生活をしていると悪化してしまうケースがあります。
そのため自分で間違った毛の処理をしないことや、不衛生な状態を放置しないことが重要となります。

 

自宅でできる対策として、肌の保湿、そして肌の古い角質ケア、美白成分による色素沈着対策などのスキンケアが基本です。

 

また汗をかいたら放置せず、シャワーで汗を落とすことも重要です。

 

 

脇の黒ずみを自宅で解消する方法

女性だったら誰もが気になる脇の黒ずみ。これを自宅で解消する方法は清潔にして保湿をしっかりとする事です。脇毛を処理する時にカミソリを使用する事もありますが、カミソリを使用しすぎると黒ずみの原因になります。

 

気になるからといって毎日使用すると逆効果になりますので、使用頻度を少し抑えて、使用する際にもシェービングクリームを使って肌に負担が掛からない様に気をつけましょう。

 

ムダ毛の処理方法にはカミソリの他に、脱毛クリームや毛抜きで抜くなどの方法がありますが、どの様に処理しても処理後に脇を冷やす事が大切です。
冷やす事により毛穴が締まると同時にムダ毛処理による肌へのダメージが少なくなります。

 

脇を冷やした後は、保湿クリームでしっかりと保湿をしましょう。
保湿をする事で黒ずみを抑える事が出来ます。
自分が持っているクリームや美容液を使っても良いですが、脇専用のクリームがありますので、そういった商品を利用するのも良いです。

 

また、肌の新陳代謝を良くする事も重要なポイントです。
毎日の食生活の中でビタミンを多く含む緑黄色野菜を意識的に摂取すると良いでしょう。
外側からのケアだけでなく、体の内側からケアする事も大切です。

 

脇の黒ずみをなくす方法

女性ならば気にすることの多い脇のケアですが、ケアをしても黒ずんでしまうことがあります。
脇の黒ずみは気になるものですので、どうにかなくす方法がないかと考えている方も少なくはないでしょう。

 

脇の黒ずみをなくすために最も手っ取り早いのはエステサロンや美容外科でピーリングなどの施術を受けることです。
老化してしまった角質を除去することでターンオーバーサイクルを促します。

 

しかし、こうした施術は費用が掛かってしまいますので最終的な手段として、まずは自宅で行えるケアからはじめてみるのもよいでしょう。
自宅でケアを行うためには、まず黒ずんでしまう原因を探ることが大切です。

 

多くの場合、脇の黒ずみはムダ毛をカミソリや毛抜きで処理をした時に受ける肌への刺激やダメージが原因で起こります。

 

自己処理はもちろんですが、

 

脇の黒ずみをなくすためには日々のお手入れや生活の中で受けるダメージを減らし、その上で肌の保湿ケアを行い、肌を健やかに保つことで予防や悪化を防ぐことに繋がります。

 

脇の黒ずみ・ぶつぶつ対策には何がいい?

脇の黒ずみがどうしてできるのか知らない人は多いのではないでしょうか。
年齢のせいではありません。
脇のぶつぶつを気にしている人はどうしてそうなるのかを知っておきましょう。

 

自然に消すのはなかなか困難です。
直射日光にあたることはもともと少ない箇所ですが、原因となるメラニン色素の過多は、カミソリなどの処理でも刺激により黒ずくことがあります。
同様にレーザー脱毛も刺激をあたえていることになるので黒ずきやすいです。

 

もともと脇は腕を動かすとこすりあうようになっていますが、かさかさしていると余計な摩擦力によりさらに刺激をあたえることになります。

 

脇の黒ずみは、夏場など薄着になる際に目立つことから、何とかしてきれいにしたいと思っている方が多くいます。
そのような場合、病院などで黒ずみ取りを行う方法を使う方もいます。
しかし、かなりの費用がかかるため、一般的な方法とは言えません。

 

 

脇のケアと言えばまずは腋毛の処理が定番です。
今や男女ともに腋毛を切りにそり落とすことが美容の基本となっています。

 

そして腋毛の処理からさらにその先もあるのです。腋毛を綺麗に剃ってしまった後の滑らかな脇にほんの少しのしみがあってはせっかくの腋毛処理も意味がありません。
腋毛を綺麗に処理した後に、しみひとつ無い脇が表に出てこそ腋毛処理の意味が出てくるのです。

 

普段気にすることの無い腋毛の奥の黒ずみをは本当に気づきにくく、いざというときに腋毛を処理した後にようやく気づくことになるでしょう。
腋毛に隠された黒ずみは時にはかなり悪化している可能性もあります。

 

気になる脇の黒ずみ。自分で脇をいくら手入れしていても、黒ずんでいるのがわかると本当に憂鬱な気分になります。
この黒ずみのせいでノースリーブの服も着られませんし、せっかくの夏に、暑い服を着て過ごさないといけません。

 

 

脇が黒ずんでいると、半そでやノースリーブの洋服を着るのが嫌になってしまうでしょう。
カーディガンを羽織って隠したり長袖の洋服を着たりすることになります。

 

また、水着を着るときにも脇の下の黒ずみは非常に気になります。
黒ずみを気にしたままでは思いっきりおしゃれを楽しめないでしょう。
着られるもののレパートリーも少なくなってしまいます。とても悩んでいる人もたくさんいるでしょう。

 

 

脇が黒ずんでいると、腕を出すファッションをするのが躊躇われますよね。
脇の黒ずみの原因の多くが、ムダ毛の自己処理で、カミソリにより肌を傷つけてしまったり、傷口から雑菌が入り炎症になったりすることから起こります。

 

黒ずみを治したいと考えた時に意識したいのが、黒ずみを今以上に悪化させないためのお手入れです。
外部からの影響を受けやすい状態が続くと肌のターンオーバーサイクルも乱れがちです。

 

 

脇の黒ずみ、気付いてしまったらさあ大変です。
ノースリーブを着られませんし、着たとしても気になって手を上げられません。

 

夏の時期になると肌の露出が大きいファッションを着用する機会が増えますが、その際に行わなければならないのがムダ毛処理です。
特に脇の毛は目立つうえムレやすくなるので衛生的にも処理する必要がありますが、自己処理によって黒ずみが発生してしまうケースが多いのが厄介です。

 

汗をかきやすい箇所なので通常のファンデーションだと塗ってもすぐに落ちてしまいやすいのがネックなので、脇の黒ずみを隠すなら専用の商品を使用することをおすすめします。

 

 

脇の黒ずみ対策におすすめのケアアイテム

その原因はお肌の再生力の低下です。つまり、カミソリや毛抜きなどの刺激によってメラニンが活性化したこと、そして汗を抑えるための制汗剤、また服の摩擦などによって、
つまり、黒ずみ解消には肌の再生力を向上させればいいのです。

 

カミソリなどの肌を傷つける除毛法を行っていると脇の黒ずみの原因となってしまうので、

 

自分で行う場合も、剃るのではなく、抜くタイプの除毛機などが選ばれることが多いです。

 

今一番お勧めの方法は、
できてしまっている黒ずみケアにも用いられます。

 

綺麗にする方法もあります。

 

ハリのある潤いに満ちた美肌に導いて行ってくれます。

 

方法を積極的に行うことが必要です。

 

重要なことは自分にあった方法で継続してお手入れをすることですね。

 

 

脇も顔の肌と同じようにケアをして潤いを与えることでキメが整い、なめらかになって黒ずみ対策が行えます

 

 

 

 

脇が黒ずんで、肌を見せる季節になっても、ノースリーブや水着になれないとお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。
脇が黒ずむ原因には、むだ毛の自己処理でカミソリ負けをしてしまい肌にダメージを与えてしまったり、毛抜きで抜いた後に雑菌が入り炎症を起こしてしまう場合があります。
また、制汗剤の使いすぎも肌を傷める原因になります。

 

 

更新履歴
TOPへ