脱毛すると脇の黒ずみが消えるって本当?

ムダ毛が気になる女性は、肌の露出が多くなる夏などは特に脇などを頻繁にムダ毛処理をするので、色素沈着をおこして黒ずみになりやすいです。
黒ずむ原因としては、摩擦や刺激や圧力が皮膚に加わると、皮膚が自身を守ろうとして、角質が分厚くなってしまいます。
それを繰り返し、蓄積することによって黒ずむことになります。

 

さらにその黒ずんだ部分は、色素沈着をおこしてなかなか落ちにくくなります。
皮膚が硬くなるほど黒ずむので、皮膚を柔らかくするために湯船にゆっくり浸かることが大事です。
皮膚が柔らかくなったら、やさしくマッサージして、余分な皮膚がはがれて、しだいに色素沈着が気にならなくなります。

 

乳首やデリケートゾーンの黒ずみは、メラニン色素の働きによるものが強いです。
メラニン色素は遺伝子や人種、年齢によっても違うので、あまり神経質にならない方がいいでしょう。

 

脇の黒ずみは脱毛で改善されるのか疑問に思う人も多いでしょうが、サロンなどでおこなう脱毛は、脱毛後のトリートメントに美肌成分がたっぷり入っているので、綺麗な脇になります。
なので、脇のムダ毛処理はカミソリなどで行わずに、できるだけサロンに通い施術を受けた方が脇がより綺麗になります。

 

ただし、脱毛もやり方次第では肌や毛根へのダメージを与えることになり、赤みやぶつぶつ、途中で切れてしまい黒い点々が肌に残ってしまうといったケースもありますので、セルフでの脱毛は注意が必要です。

 

脇のケアで肌を傷めないための脱毛クリーム

脇の下は汗もかきやすく、しかもムダ毛も濃い部分ですので、しっかりと処理しておきたいところです。
手入を怠ると汗のにおいが気になりますし、ノースリーブなどのファッションも楽しめなくなります。

 

最近は男性も脇のお手入れをする人も増えていますが、女性の場合は特に手が抜けない部分です。
夏はもちろん、女性の場合は年間を通してムダ毛処理を去れている方も多いのではないでしょうか。

 

そして、気をつけたいのは脇の下の肌はとてもデリケートとなっていますので、下手な処理をしてしまうと肌に黒ずみが出てしまう場合もあります。

 

それゆえに肌を傷めないよう、丁寧にケアをしていく必要があります。
剃刀など短時間で処理ができとても便利ですが、肌に刺激を与えやすいので、より肌に優しい脱毛も考えてみましょう。

 

脱毛クリームなら、肌につけてあとは洗い流すだけですので、肌への負担もより減らすことができます。
そして、美容成分のあるものなら、肌の保湿効果もあり、黒ずみを防ぐこともできますし、ムダ毛処理後に利用する抑毛タイプのローションなども利用すると、肌の保湿もしっかり行うことができ、黒ずみ予防に役立ちます。

 

スキンケアではつい手を抜きがちな部分ですが、きれいな脇を維持するためにもケアは怠らないようにしましょう。

 


TOPへ