脇の黒ずみは皮膚科で治療できるの?

 

脇の皮膚に黒ずみなどの色素沈着ができ、悩んでいる方も多いでしょう。

 

脇部分の皮膚は他の皮膚よりも刺激に、弱く色素沈着が起こりやすいと言われています。
女性は、カミソリや毛抜きなどで脇の無駄毛を処理する事も多く、自己処理の刺激からメラニン色素が沈着し、黒ずみが出来てしまうのです。

 

1度、メラニン色素が沈着してしまうと、改善するまでに時間を要してしまう為、早く解消したいという場合、美容皮膚科での治療も一つの方法です。

 

クリニックでは色々な美容医療を行っていますが、脇部分の色素沈着には、レーザーやケミカルピーリング、そしてハイドロキノンなどで治療するのが一般的となっています。

 

レーザーはレーザーの熱エネルギーで、直接メラニン色素を破壊し色素沈着を改善します。
ケミカルピーリングは古い角質を取り除く効果があり、肌のターンオーバーを高め、メラニン色素をスムーズに体外へと排出し、色素沈着を薄くする点が特徴です。

 

ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」と言われている程、美白効果に優れており、ハイドロキノンが配合されているクリームを塗る事で、メラニン色素を徐々に薄くする事が目的となっています。

 

これらの治療法はセルフケアで行うよりも黒ずみ解消に効果が期待できるため、脇の色素沈着に悩んでいる方は、まずカウンセリングを受けてみましょう。

 

脇の黒ずみの治療は病院がいい?それとも自分で?

 

脇の黒ずみについては、自分でケアするのと病院でケアする方法が存在しているのですが、どちらにもメリットとデメリットがあります。
ケアするときには、その点を考えて行ってみるとよいでしょう。

 

まず、病院で黒ずみを改善する治療を受けた場合、専門的にケアしてもらうことができるため短期間で大きな効果を感じることができます。
病院では、脇の黒ずみを改善するための薬など、肌に効果的に働く治療を受けることができますので、お肌のトラブルに悩んでいる時でも早くその状態を改善できるようになるのです。
ただし、効果が早く現れる反面で費用も掛かってきますし、通うために出かける必要も出てくるのです。

 

自分でケアした場合、医薬品を使ってケアすることはできません、スキンケアという面では現状を悪化させない、黒ずみを作らないための予防という面が基本となります。
そのため、すでにできてしまっている黒ずみケアに関しては病院・クリニックの方が解消を目指せます。

 

ただし、病院やクリニックは今ある黒ずみを消すということはできても、日々の予防についてまではフォローしきれませんので、必然的に自分でセルフケアを行わないと黒ずみを繰り返してしまい、結果的に治療費用もかさんでしまう可能性もありますので、日々のスキンケアや対策は欠かさないといのが基本と言えます。

 

脇の黒ずみはエステで消すことはできるの?

エステでは、直接的に脇の黒ずみを改善させることはできません。
脇の黒ずみについては、肌部分に色素が沈着している状態になるのですが、この部分にレーザーを当てることによりメラニンを消すことが可能になってくるのです。

 

一番高い効果を得るためには、レーザーを当てる施術を受ける必要があるのですが、エステは医療機関ではありませんので、強いレーザーを施術で使うことはできなくなってくるのです。
ただし、レーザー以外の施術を行うことで黒ずみケアを行えます。

 

エステの中でも、イオン導入などにより、お肌に美白成分を浸透させることができるのですが、この場合肌に溜まってしまったメラニンを排出したり、新しい細胞の再生を行うことで色素沈着を起こした肌のターンオーバーを促すというのが施術にあります。

 

特に、肌の再生を行う施術では、お肌自体も元気にさせることができますので、脇の黒ずみだけではなくたるみなど他の悩みのケアにも用いられているようです。


TOPへ